ペットに付く寄生虫を防ぐ|犬の皮膚病は放置するとだめ!様子がおかしいと思ったら即動物病院へ
動物

犬の皮膚病は放置するとだめ!様子がおかしいと思ったら即動物病院へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットに付く寄生虫を防ぐ

虫

忌避剤にも注目

ペットに付くノミダニ予防ですが、実は予防薬によって対応している寄生虫の種類や効果持続期間は異なります。とにかくリーズナブルなものを探す場合は、ホームセンターやインターネットショップでも手に入りますが、これ等のものは効果面ではデメリットもあります。ペットに付くノミダニには幅広い種類があり、犬ならば、マダニや疥癬を起こすヒゼンダニ、ツメダニ等が感染することが多いです。良い製品でしたら多くの種類をカバーできるのですが、リーズナブルな物では心配な種類が漏れていることもしばしばあり、効果時間も短かったりします。獣医師に相談すれば比較的信頼性の高い予防薬を処方してもらえますが、これはノミダニがよってくることは防げない点で、心配はあります。予防薬と共に、ノミダニを遠ざけられる忌避剤の併用を検討してみましょう。

二重で防御しよう

ノミダニの予防薬は、ペットに付いたそれらの寄生虫を殺虫するための薬で、寄せ付けない効果は有りません。そこで、予防薬だけではなく、ペットに近づけさせない為の対策として、忌避剤の活用を考えてみましょう。ノミダニが嫌うハーブ等の天然成分のものが発売されており、こういったタイプでしたら、ペットに噴霧しても安心性は高いです。使い方は手軽で、ペットにスプレーしたり、その後にブラシでなじませたりするだけで大丈夫です。忌避剤には、付いたノミダニを殺虫する効果はないので、獣医などでもらえる予防薬は勿論、使ったほうがいいです。特に山道をハイキングする際などは危険性が高いですから、こういった物で二重に防御する事も、考えてみては如何でしょうか。