婦人

犬の皮膚病は放置するとだめ!様子がおかしいと思ったら即動物病院へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットに付く寄生虫を防ぐ

虫

ペットに付くノミダニはしっかりと予防したいものですが、通常、予防薬として発売されているものは、殺虫、駆除することが目的になります。なので、ペットにそれらを寄せ付けにくくする忌避剤も併用することで、安心性は高まります。

もっと読む

愛くるしい暴れん坊

複数の犬

やんちゃで愛らしいミニチュアピンシャーはペットとして人気です。好奇心旺盛なので脱走することが多く、脱走を防ぐには飼い主との信頼関係を築くことが重要です。ミニチュアピンシャーはドイツで19世紀ごろに誕生した犬でドーベルマンとは関係がありません。毛色は3種類あり、日本で人気なのはブラック&タンです。

もっと読む

皮膚に起きる病気の対処法

犬

起きやすい病気

犬が発症しやすい病気はいくつかありますが、その代表的なものが皮膚病です。皮膚病は患部が赤くただれたり、フケがたくさん出てきたりなど、犬にとっても痒みなどで辛い症状となってしまいます。特に若い年齢の犬ほど発症しやすく、犬種によって遺伝性が見られる場合も多いです。犬と皮膚病はつながりの深い病気となってしまうので、ペット店やブリーダーから犬をもらうときには、そういった情報を聞いておく必要があります。万が一皮膚病のような症状が起きた場合は、1度動物病院で診察してもらった方が早い対処ができます。皮膚病にもその症状によって種類があるため、それに合った治療を受けていかなければいけません。しかし、完治した後でも再発してしまう可能性があります。そのような場合も含めて、動物病院からも普段からできる対策がアドバイスされるので、それを習慣化させていくことが大事です。

食べ物を見直す

皮膚病になる原因には、皮脂の異常分泌やハウスダストによるアレルギー、そして食べ物が合わないなどがあります。これらを改善していけば症状が治まる可能性もあるので、普段の生活を見直していかなければいけません。体を清潔に保っておくのはもちろんですが、室内の環境も不衛生な状況では病気にかかりやすくなります。犬を飼う上では常に清潔さを心がけ、ストレスを与えない対策も必要です。それに加えて一番いい対策と言われているのが、犬に与える食べ物です。これを見直すだけでも腸内環境が活性化され、免疫力が上がって皮膚病にかかりにくい体質になれます。そのためには、健康的な成分が含まれたドッグフードがおすすめです。動物性脂肪の強いタイプはなるべき控えるようにし、栄養満点のヘルシーな内容のものを与えるのが免疫力強化につながります。どのようなタイプのものを与えていいのか分からないときは、そこの店員や動物病院の医師に聞いてみるのがいいでしょう。具体的な症状を伝えるとよりおすすめできるものが探しやすくなるので、詳しい人に聞けばその問題に対応してくれます。

とても愛らしい

プードル

ティーカッププードルは、ティーカップにも収まる位にとても小さい犬種です。フワフワな毛とつぶらな瞳が可愛らしく、大人気のペットです。ティーカッププードルは、吠える、噛み付くなども無いので、初心者にお勧めです。

もっと読む